【相場はいくら?】パパ活の条件を掲示するタイミングと金額例まとめ

【相場はいくら?】パパ活の条件を掲示するタイミングと金額例まとめ

●パパ活の条件はエッチのあり無しで変わる


パパ活を行うに当たって条件を設定しなければならず、「どのくらいの金額を貰えるのか?」と気になる女性が多いはずです。

個人間のやり取りで決まるのが基本なので、明確に定められているわけではありません。

しかし、エッチのあり無しで変わるケースが多く、肉体関係を持つのであればストレートに男性と交渉できます。

 
・1ヶ月間に○回程度は会いたい
・ホテル以外にも食事に行きたい
・支払いは都度払いでも月極でもどちらでも良い
・1回会う度に○万円、1ヶ月間で○万円が欲しい 
 

女性と男性の利害が一致していますし、男性の性欲を満たせるので多少は高い条件を掲示してもOKしてくれるでしょう。

一方で肉体関係を持たないパパを探しているのであれば、慎重に条件設定を行わなければなりません。

あなたと食事をしてあげるから1回〇万円欲しい」と単刀直入に伝えても相手の怒りを買うだけですし、「何だこの女は」とパパは遠ざかっていくので注意が必要です。

●パパ活の条件を掲示するベストなタイミングは?


パパ活で貰えるお金の相場は以下のようにエッチのあり無しで変わります。

 
不定期でエッチ無しの都度パパ:食事代を含めて1万円~3万円

不定期でエッチありの都度パパ:1回当たり3万円~5万円

エッチ無しの定期パパ:食事代を含めて1ヶ月で5万円~10万円

エッチありの定期パパ:食事代を含めて1ヶ月当たり10万円以上 
 

定期パパの場合は1ヶ月間で会う頻度で変わるので一概には説明できません。

どちらにしても、パパ活の条件を掲示するに当たってベストなタイミングはあります。

出会い系サイトのプロフィール欄でパパ活の条件を掲示するのはNGで、男性から見れば「この女はお金のことしか頭にないな」と感じてしまうのです。

もちろん、恋人を探すのが目的ではなくパパとなる男性を探すために出会い系サイトを利用しているため、「パパ活中」と記載するのは良いでしょう。

しかし、お金や会う頻度といった詳しい条件は別のタイミングで伝え、「お食事相手を探している」「大人な男性と知り合いになりたい」というスタンスをとるのが適しています。

相手からメールやLINEで条件を聞かれることは多い


出会い系サイトでパパ活を匂わすキーワードを入れていると、ピンと来た男性であれば自分から条件を教えて欲しいと連絡があるはずです。

このケースでは自分から掲示しなくても良いので非常に楽ですし、メールやLINEで以下の条件を伝えれば問題はありません。

 
・食事や映画などデートをした時の費用
・1回限りなのか月極なのかお金の支払い方法
・月極の場合は1ヶ月間で会う回数
 

エッチのあり無しに関しては最初から全否定するのではなく、「時と場合によってはOKです」みたいな含みを持たせていれば相手の男性から高評価が得られます。

相手から条件を尋ねられないケースは難しい


相手から条件を尋ねられないケースは難しく、メールやLINEで会話をして本当にお金を持っているのか見極めなければなりません。

恋人や一夜限りの関係を求めているのであればまだしも、パパとなって援助してくれる男性を探すのが目的で恋活アプリや出会い系サイトを使っている女性が多いはずなので、お金を持っていなければ早めに切り上げて次の候補を狙った方が良いのです。

まとめ


お金を持ってそう

 ⇒ そのまま会話を続けて下手に条件を掲示して関係をなくさないようにする

お金を持ってなさそう
 
 ⇒ 無理を承知で自分のタイミングで条件を伝える

上記のように、相手の男性によって上手く条件を伝えるタイミングを変えてみてください。