【被害実例】パパ活で起こりやすいトラブルまとめ

【要注意】パパ活で起こりやすいトラブル

パパ活で起こりやすいトラブルをチェック!


手取りが少ない女性がパパ活を行い、パパとなる男性からお金を貰えた話はたくさんあります。

しかし、インターネットを使って異性と出会うのが一般的なので100%安全とは言い切れず、トラブルに繋がるケースも十分にあり得るのです。

以下ではパパ活を始める前に、どんなトラブルのリスクがあるのか実際にあった被害報告を元にまとめてみました。

過度に相手の男性に個人情報を知られるリスクがある


パパ活の関係を長期的に続ける中で、過度に相手の男性へと個人情報を知られるリスクがあります。

 
・どんな場所で働いているのか?
・本名は何なのか?
・どんな家族構成なのか?
・彼氏はいるのか?
・趣味は何なのか? 

基本的に仲良くなるために聞いてくる男性が多く、男性に悪気はないのでトラブルへと発展することは少ないかもしれません。

それでも、こちらの情報が相手の男性に伝わると、会社に電話をされたり家まで押し掛けられたりする可能性はあります。

そのため、パパと会う時は免許証など本名が分かるものは持って行かず、出会ってからもニックネームで呼び合う仲を続けるべきです。

個人間のトラブルに巻き込まれる


パパ活を続けていて個人間のトラブルに巻き込まれることはあります。

 
・パパの関係をやめると切り出すと、今まで使ったお金を返せと言われる
・好きな人ができたと告げると逆上して怒る
・肉体関係を持っていた場合にハメ撮り写真や動画をバラ巻くと脅される
・お互いの個人情報を晒した方が安心だと言われて免許証のコピーを渡してしまう 

個人情報の取り扱いには細心の注意を払っていても、お金を返せと言われてしまえばどうしようもありません。

これらのトラブルに関しては100%回避する方法はなく、メールで連絡を取り合ったり実際に会ったりする中で本当に信頼できる男性なのか自分で見極めなければならないのです。

手持ちがないから次回会った時に2回分を支払うよ」という男性には注意した方が良く、逆にお金を盗まれるケースもあるのでお財布の管理には気を付けましょう。

ホテルなどの密室内でトラブルが起こる


ホテルなど男性と2人きりになった時に密室内でのトラブルが起こる可能性があります。

相手が男性である以上は豹変して襲い掛かってきた時に女性は力では敵いません。

だからこそパパ活ではいきなり肉体関係を持つのは危険なのです。


 
・メールやLINEで相手が信頼できるのかしっかりと見極める
・出会ってから数回は人目のつく場所でデートをする
・肉体関係を持つ場合も男性が指定するラブホテルを避ける
・ネットに情報を流されないようにハメ撮りは絶対にさせない 

密室さえ避けていれば大きなトラブルには繋がりにくいですし、肉体関係を持つ場合も信頼関係を築けていれば危険な目に遭うケースは少ないでしょう。

まとめ:自分でリスク管理できない場合は、お店で働いたほうが安心して稼げることも


安全性という観点ではインターネットでパパを探すよりも、お店に入って風俗バイトをする方がトラブルは少なくなっています。

・家族や知人にバレることなく1ヶ月間で100万円以上稼げる人もいる
・究極のサービス業なのでコミュニケーションスキルが高くなる
・男性を喜ばせるテクニックが上達する
・朝方でも深夜でも自分の好きな時間に働くことができる


こういったメリットがあり、風俗バイトを探そうと考えている方は当サイトの無料相談を活用してみてください。