ソープや風俗で早漏がきたら? リピートされる絶好のチャンス


「え? もう出ちゃったの?」




と思ってしまうくらい、ソープランドやファッションヘルスなどの風俗で働き始めたとき、とまどいがちなのが、あっという間に射精してしまう早漏のお客さま。




早漏の男性客がきたら、どうするの?」




女性キャストが管理するものの一つが、時間




ある意味、男女ともにゴールだと考えがちなのが射精。




ゴールしちゃったけど、まだまだ残り時間があるのに、どうしよう。




今回は、早漏のお客さまがきたら、どうするかお伝えします。




プライベートでも使える方法もあるので、お見逃しなく。




早漏は何分?








そもそも何分を目安に早漏と言うのでしょうか。




行為スタートから射精までかかる時間の男性平均は、10分ほど。




なので、10分より早いと相手の男性が早漏だと感じる女性が多いようです。




実際にいた超早漏




女性キャストに聞いたところ、シャワー中に発射してしまう男性も多く。




下着をおろしただけで射精してしまったという経験者もいました。




下着をおろしただけで発射してしまう男性は、
童貞の場合が多い、という声も。




他にもコンドームをつけ、挿れてすぐにイッてしまった男性客もいたそうです。




男性の思いこみ








女性は、挿入よりも前戯に時間をかけてもらえた方が満足度も高く。




女性は、男性が遅漏だと気持ちよくないのかな、と考えてしまい、不安になってしまうこともあるので。




早漏のように「気持ちよかったんだ」ということが実感できた方が嬉しいもの。




対して男性は、遅漏の方が女性を感じさせている時間も長いので、喜ばれると思っていますし。




早漏は恥ずかしいことだと思いこんでいます。




男女ともに、正反対に感じていると言えるでしょう。




開始早々発射したとき








男性が風俗にくる理由は、癒されたい、性欲を発散したいというものが主なもの。




心も体も満たされたいのです。




プレイを始めてすぐに射精してしまったとき。




男性は、恥ずかしい




時間ギリギリまで楽しみたかったのに、もったいない、というのが本音です。




癒されるどころか、恥ずかしいし。




性欲は発散できたかもしれないけど、心は満たされるどころか、不満足




残念な気持ちでいっぱいなのです。




プレイ開始早々に男性が射精したときの男性の気持ちがわかったところで。




女性キャストは、どう対応すればよいのでしょうか。




大事なのは時間いっぱい楽しんで癒されて、満足して帰ってもらうこと。




男性の傷を最小限にし、癒すことを最優先としましょう。




ポイントは、気まずい思いをさせず癒すこと、二回戦に誘うこと、です。




満足して帰ってもらうための癒し








驚きを顔に出さない




あっという間に射精してしまった男性自身がショックを受けているとき。




女性キャストであるあなたが、驚いた顔をしたら、さらに傷つきます。




内心では驚いたとしても、顔には出さないようにしましょう。




喜び




まずは、笑顔で「気持ちよく感じてくれて嬉しいな」と、女性キャストであるあなたが喜んでいることを伝えます。




恥ずかしいと感じている男性に、早漏な部分をふれるのも微妙ではありますが。




全然ふれないのも違和感なのです。




感謝




「感じてくれて、ありがとう」と伝えてみましょう。




相手の反応を見ながら、対応が大切になってくるのですが。




きちんと対応できると、「また来たい」と思ってもらえる、リピートのチャンスなのです。




実際に、女性としてみれば、遅漏の男性だと本当に気持ち良いのかわかりませんが。




早漏は目に見えて反応がわかりますので、感じてもらえて嬉しいと思う女性キャストも多いもの。




素直に嬉しい気持ちと感謝の言葉を伝えるだけです。




事実




早漏男性は多い」と、男性が思う以上に多い事実も伝えるのも効果的。




実際に、風俗にくるのは早漏の男性が多いので。




自分だけじゃない」と思えると、男性の心も軽くなるのではないしょうか。




射精した後は、ぬくもりを




射精した後は、あたたかい濡れタオルで男性器などを優しくふいてあげましょう。




ぬくもりは、無条件で癒されるのです。




楽できるからいいは、なし




もう射精しちゃったんだ、ラッキーと女性キャストが思うのは論外です。




間違っても態度に出さないようにしましょう。




態度に出さなくても、思うだけで伝わるものもあります。




相手である男性が、どうしてほしいのか、どんな気持ちなのか、に集中することが大切。




あなたの全部を受けとめます」という姿勢が相手を癒すのです。




二回戦に誘うときのコツ








必ず女性から




二回目をしたくても、遠慮して「したい」と言えない男性もいます。




必ず女性から二回戦に誘うようにしましょう。




女性がしたいんだ、と思うことで刺激を受けて、二回戦に挑める男性もいますし。




求められることは、男性にとって嬉しいことです。




お休みタイム




少し休めば二回戦できる」という男性の場合は。




体をくっつけてイチャイチャ、おしゃべりしながら休んでもらいましょう。




休んでもらうことが大事なので、もし、サービスしたいな、と思うのであれば。




早漏の男性は、ペニスが敏感と言う方も多いので。




射精した後は、いきなりペニスにふれると痛い場合も。




痛がるようなら、下半身への刺激はやめて。




口や上半身に軽くチュッとキスをしてみたり。




男性が気持ちよく感じる程度に、優しくふれてみるものありだと思います。




相手の男性の反応を見ながら、対応していきましょう。




断られたときは




体力の関係などで「二回戦は無理」と本気で断る男性もいます。




断られたときは無理強いせずに体をくっつけて、おしゃべりしながら様子をみましょう。




イチャイチャすることで、再戦可能になる男性もいますし。




エッチだけではなく、女性とコミュニケーションをとるのが目的の男性は、満足するのです。




女性と同じように体だけではなく、心も満たされたくて風俗にやってくる男性も多く。




早漏の男性も多いです。




早漏男性へのケアができるのは、とても満足度も高いですし。




リピートにも繋がります。




ここまでお伝えしてきた方法は、風俗だけではなく、プライベートでも使える方法ですので、オススメなのです。




まとめ








実際に、あまり刺激する間もなく、射精してしまう男性がいて。




早漏であることで、傷つく男性の気持ちも理解できたのではないでしょうか。




癒されたい、と心も体も満たされたくてくる男性客も多いのです。




傷ついた男性を癒すことは、リピートにも繋がります。




あなたの思いやる気持ち、相手に集中する気持ちが人を癒すのです。




まずは、笑顔で喜びを伝えてみませんか。