オナクラとは風俗初心者の強い味方。女性が安心な働き方革命


にお金が入用になったから、すぐに稼ぎたいんだけど。




やっぱり稼げるとしたら、風俗かな。




風俗初心者でも働けるの?」




むしろ、素人っぽさがウリの風俗のお店があります。




ずばり、オナクラです。




今回は、オナクラについて、詳しくみていきましょう。




オナクラ勤務のメリットデメリット








オナクラは、オナニークラブのことで、個室内で男性客がオナニー(自慰行為)する様子を女性キャストに見てもらうもので。




基本的に女性キャストは服を着たまま見ているだけ、他の風俗のように男性客への性的サービスはないものとされています。




脱がない、舐めない、触られない」をうたい文句としていますので、風俗で働くのは初めて、と言う方でも安心。




オナクラのメリット




オナクラのメリットは脱がない、舐めない、触られないこと。




素人っぽさがウリなので、初心者が歓迎されます。




サービスの時間が短いのがオナクラの特徴で、他の風俗とは違い女性側に技術は、ほとんど必要ありません。




基本的に男性客と性的接触がないので、他の風俗に比べると病気などの感染率もいっきに下がりますし。




プレイ時間も短いので、風俗で重要とされる会話や雰囲気づくりの必要もほとんどないのです。




男性が受け身のプレイですので、本番、セックス狙いの客がいないので良客ばかり。




処女でも生理中でも働けます




気軽に、すぐにでも短い時間でも働けるのが、オナクラのメリットとされています。




オナクラのデメリット




サービスは着衣したまま見ているだけ、と比較的他の風俗より楽なので。




女性の顔やスタイルなど見た目が重要視され、他の風俗のお店より採用基準が高めの設定。




サービス時間が短かったり、技術が必要なかったりする分、プレイ料金が安いので、あまり稼げるとは言い難いのが実情です。




オナクラで稼ぐためには?








オナクラで稼ぐための方法は存在します。




以前は男性のオナニー、自慰行為を鑑賞するだけのオナクラでしたが。




最近は、手コキコースというものも増えてきました。




女性キャストが男性器を手でシゴいてフィニッシュを手伝う、というものです。




現在のオナクラは男性自身が自分の手で終わらせる鑑賞のみのコース




女性キャストに手でシゴいてもらえる手コキコースの2つが主流とされています。




鑑賞のみに比べ、手コキコースの方が料金の高いお店がほとんどですので、稼ぎたいなら手コキコースがオススメ。




もちろん手コキコースをしたくないと思うのであれば、お店に勤務する前に、きちんと断ることもできますので安心。




他にも稼ぐ方法として、オプションという手もあります。




どういうオプションがあるのか見ていく前に、
基本的なコースをご紹介します。




オナクラのコース








鑑賞コース




オナクラ当初から存在する男性のオナニーを見ているだけのコース。




時間も短く女性キャストは、ほとんど何もする必要はありません。




手コキコース




男性器を手でしごいてフィニッシュさせてあげるコース。




鑑賞コースに比べ料金も高い場合がほとんどなので、鑑賞コースより稼げます。




おでかけコース




お客さまと待ち合わせし、カフェでお茶やカラオケ、買い物などデートした後、お別れもしくは、手コキコースという流れのコースです。




3Pコース




お客さま一人に対し、女性キャストが二人など複数人でサービスするコース。




他の風俗に比べ料金も安いので、好む男性客も多いです。




その他のコース




お店によっては、辱めコース、痴漢コース、エステコースなど技術が必要となってくるコースも存在します。




たとえば、辱めコースは、ちんぐり返しなどお客さまに恥ずかしい体勢をさせ、手コキしてあげるコース。




痴漢コースはイメクラに近く、電車に乗っているシチュエーションなどで、お客さまに痴漢されるプレイ。




エステコースは、オイルを使用し軽いマッサージをしながら、69などのエッチなポーズでお客さまを楽しませるコースです。




技術が必要な分、お客さまが支払う料金も高いので稼げます。




基本的に、鑑賞以外のコースは全て手コキでフィニッシュさせるサービスになります。




オナクラのオプション








オナクラで稼ぎたいなら、オプションをつけてもらうこと。




お店によっては100種類をこえるところもあると言われるオプション。




男性客が支払う料金は、500円から3千円程度といろいろですが、どのようなオプションがあるのでしょうか。




女性キャストから男性客へ言葉責め、ビンタ、息吹きかけ、乳首なめ、全身(をなめる全身)リップ、足コキ、電マ責め。




男性客から女性キャストへの匂いかぎ、わきなめ、乳首なめ、胸タッチ、股間タッチ。




女性キャストのコスプレ、トップレス、オールヌード、ショーツ見せ、顔面騎乗。




キス、ディープキス、相互オナニー。




上記のようなファッションヘルスのようなサービスのオプションから。




女性のツバ持ち帰り、おしっこ持ち帰りという、かなりニッチなオプションがあるのもオナクラの特徴です。




オナニーを見てもらうだけ、というサービスが世界的にも見て、日本人男性は特殊な趣向を持って言われるユエンですので。




ニッチなオプションは、まさしくオナクラの醍醐味と言えるでしょう。




稼ぎたい方は、なるべく多くのオプションをOKに。




もちろん事前に、したくないオプションは女性キャストであるあなた自身でNGにできますので、安心です。




もし、NGプレイを要求されたり、有料オプションを無料でサービスして、など言われたりした場合。




お客さまへの断り方など詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。




>>オナクラとは? 稼げた上に女性キャスト自身も大切にできる風俗<<




ちなみに、素人っぽい女性に会いに来る男性客が多いのもオナクラの特徴。




男性がオナクラしている姿を見るのを恥ずかしがったり、手コキのときに男性器をにぎるのがぎこちなかったりするのも喜ばれます。




料金の安さからもリピート客が多いのもオナクラならではですので、男性を喜ばせて、さらなるリピートへ繋げていきましょう。




オナクラのお給料








手コキコースでお客さんの支払う料金が60分1万円の場合、女性キャストの取り分は50%が相場ですので、1時間の収入、お給料の目安は5千円。




出張型のお店は移動時間、店舗型のお店の場合でも空き時間などが発生するので、時給4千円、日給3万円が平均の相場と言われています。




ここにオプションをつければ、もっと稼ぐこともでき。




そして、嬉しいことに日払いです。




ちなみに、鑑賞コースの時給は2千円程度が目安になります。




騙されやすい求人




たとえば、入店祝い金30万円!、見るだけで一日10万円!、日給保証5万円!というあきらかに怪しい広告を出しているお店は要注意。




100%という確率で、ダミー店と呼ばれる偽オナクラです。




ダミー店に面接にいくと、「あなたの容姿じゃオナクラは無理だけど、同じグループのデリヘルなら採用できるよ」と。




全然グループとは関係ない他のお店をオススメされ、働かされることになってしまうことも。




オナクラの平均相場は鑑賞コースで時給2千円ですので、見るだけで日給5万円は不可能です。




一日10万円稼ぐとなると、ソープランドやデリヘルで一日何人も接客してやっと稼げる金額なのです。




まとめ








以前は男性客のオナニー、自慰行為を鑑賞するだけだったオナニークラブ、オナクラ。




今は、もう少しサービスしてほしいという男性客やもっと稼ぎたいという女性キャストのニーズで、手コキコースなどのコースも。




もともとオナクラは、世界的にも特殊と言われる趣向の日本人男性向けのサービスなので、有料オプションもニッチなものがたくさん。




オナクラ勤務のメリットは、風俗初心者でも安心でハードルが低いこと。




お金を稼ぎたいな、と思ったら、ネットでオナクラを検索してみてみませんか。