壺洗いって? 女性に嬉しい膣トレで心技体を制し高収入の道へ


あなたは、壺洗いという言葉を聞いたことがありますか。




壺洗いとは、風俗で使われる言葉、風俗用語のこと。




壺洗いができることで、おのずと女性キャストの収入も違ってくると言います。




では、壺洗いとは何を意味する言葉なのでしょうか。




壺洗いって何のこと?








ソープランドのプレイとは?




壺洗いとは風俗用語で、主にソープランドの女性キャストが洗体の中で提供する技の一つ。




風俗では最初の方で、洗体と呼ばれる体を洗うプレイがあります。




洗体とは、男性客に体を密着させ、女性キャストが体を洗ってくれるというもので。




洗体を泡踊りと呼ぶことも。




まずは泡踊りを通して男性客に女性の体をじっくり味わっていただきます。




ここでの大切なポイントは、男性客に気持ちよく感じてもらうこと。




イチャイチャ楽しんでもらいながら、男性客の気持ちを高めていくのです。




タワシ洗い




頃合いをみはからって洗体中、タワシ洗いにうつります。




タワシ洗いとは、泡踊りの中で披露される技の一つのこと。




タワシ洗いのタワシとは、女性キャストの陰毛をさし。




女性キャストの陰毛で、男性客の腕や足などを刺激しながら洗う技のことをタワシ洗いと言います。




壺洗いの出番




泡踊りはタワシ洗いをへて、さらに続くのですが。




ここで、いよいよ壺洗いが登場。




壺とは、女性の膣の隠語、壺を洗うことで、壺洗い。




つまりは、男性客が女性キャストの膣の中に指を入れて洗うことを壺洗いと言い。




動くのは女性キャストの方で、男性客は指を入れただけで他の労力をかけず、手マンの感覚を楽しめます。




手マンとは、手指を使った女性器への愛撫を意味し。




男性客は動かずに、女性キャストを喜ばせている感覚を味わえるのです。




タワシ洗いも壺洗いも男性客にとっては感覚的には直接、さほど気持ちのよいものではなかいかもしれませんが。




男性客は、女性キャストの気持ちよさそうな姿や頑張る姿を見て、女性特有の可愛い声を聞いて、女性ならではのやわらかい体を感じて、どんどん気分を高めていくのです。




女性キャストの膣に指を入れるので、壺入れとも呼ばれる壺洗い。




くれぐれもプレイ前に、男性客の指をよく洗い、爪が伸びていないかなどをきちんと確認するのを忘れずにしましょう。




膣もトレーニング








実は膣、骨盤底筋もトレーニング(膣トレ)できるのをご存じですか。




膣トレは、お腹周りや骨盤底筋を鍛えることにより、中イキできる(膣でオーガズムを感じる)、膣のしまりがよくなり、相手男性も気持ちよく感じるという効果を始め。




壺洗いのときに、膣の筋肉が動かせると、男性客にも喜んでいただけそうですし。




他にもお腹痩せ、月経血のコントロール、便秘解消、将来の尿漏れ対策などなど、さまざまな嬉しい効果があるのです。




それでは、膣トレの素晴らしさがわかったところで、膣トレの方法をご紹介します。




一日5分の膣トレ




場所はどこでも、時間もいつでも立っても座っても大丈夫です。




1.まずは、下腹部に手を当てながら、腹式呼吸を。




2.お腹をゆるませたまま鼻から息を吸い、下腹部を膨らませましょう。




3.息を吸いこみきったら、膣を下から上に力をこめてしめ、そのまま細く長く息を吐き。




4.息を吐ききったら、膣を上から下へ力をぬいて、ゆるめます。




今回ご紹介したのは1から4までの動作をくり返し一日5分の間、行うだけの簡単膣トレです。




男性の体力








個人差もありますが、風俗にくる男性客は体力がない、動きたくない場合も多く。




パートナー相手だと自分が動くことが多いので、女性キャストに動いてもらいたい




頑張るが途中でヘバってしまう。




男性は性行動で、かなりの体力を消耗するもの。




そして、男性は瞬発力にすぐれ、女性は持久力にすぐれています。




風俗はスタミナ勝負




ふだんから女性キャストであるあなたが筋トレなどで体力をつけておくと、他の女性キャストが休んでいるときに、新規のお客さまを紹介されるなど、チャンスも広がるでしょう。




あくまでも男性の気持ちを








風俗で働いていると「せっかくだから」と、ついつい磨いた技を試してみたくなるものです。




技を試すのは、男女ともに良いことでしょう。




ただ、ここで覚えておきたいのが「何のために」ということ。




日ごろ磨いた技は、何のために使うのでしょうか。




男性客に楽しんでもらうこと、気持ちよくなってもらうこと、だったのではないでしょうか。




自分の技に「どう、すごいでしょ」と没頭するあまり、男性客の気持ちをおいてけぼりにしてしまう女性キャストもいるようです。




男性客の気持ちをくみとれず、ただ技を披露する女性キャストより。




技はぎこちなくても、男性客である自分の気持ちを理解しようとしてくれる女性キャストの方が相手に喜ばれます




技も相手を思いやる気持ちも、ただただ男性客に楽しんでもらいたい、というものから生まれるもの。




男性客の気持ちを制することで、リピートが増え、常連さんが増え、それが女性キャストであるあなたの収入に反映していくのです。




風俗で稼ぎたいなら、しっかりと技も磨くことも大事ですし、相手を理解することも大切




たとえば、男性客によっては、プレイの好き好きもわかれます。




イチャイチャするだけで良いのか、会話を楽しみたいのか。




純粋に風俗の技、サービスが好きでプレイを楽しみにきているのか。




相手である男性客が何を求めて風俗にきているのを見極め、サービスを提供できる女性キャストが求められ、収入に繋がっているのです。




風俗の技も使い方次第








以前、こちらの記事でも書かせていただきましたが、男性はエロい女が好きです。




>>エロい女はモテる? 男性が自分だけを見てくれる方法とは??<<




エロい女とは、ふだんはエロいことに興味なさそうなのに、エッチのときになったら、積極的に求めてくる女性のこと。




いきなり壺洗いをとは言いませんが。




パートナーである男性の体を洗ってあげたり、体を密着させてお風呂に入ったりするのもマンネリ解消の一つにはなるのではないでしょうか。




まとめ








壺洗いとは、風俗の泡踊りで行われる技の一つ




男性の気持ちをよくさせ、気持ちを高めるものでした。




風俗で稼ぎたいなら、技を磨くのも大切ですが、相手の気持ちをくみとり、思いやる気持ちも大切




心も技も磨いたなら、チャンスを増やすためにも体を鍛えるのも良いでしょう。




まずは、女性キャストであるあなたの体にも良い効果がもたらされる膣トレをしてみませんか。