ソープ本番って楽して稼げるの? 女性キャストの体の負担は?


あまり風俗になじみがない方は、風俗は本番行為ができると思っていませんか。




本番、つまりは性交、セックスのこと。




法律により風俗では本番は禁止されていますが、あるお店だけは抜け道を使っているので、本番OK。




そのお店とは、ずばりソープランド、ソープです。




風俗の中で、一番稼げるのがソープだとも言われていますが、実際は、どうなのでしょうか。




女性キャストの体の負担は?




ソープランドについて確認していきましょう。




そもそも風俗とは?








そもそも風俗業界において、本番は売春防止法に基づいて禁止されています。




お金をもらって不特定多数の相手と性交してはいけない、というものです。




なので、風俗は本番が禁止なのです。




では、ソープランドでは、なぜ、本番ができるのでしょうか。




実はソープランドは、お風呂屋さんなので、そのお風呂の中で行われることは、女性キャストと男性客の恋愛行為とされるため、本番ができるのです。




ソープランドについての詳しい内容は、こちらの記事をどうぞ。




>>ヘルスとソープの違いは? 働くならどっちが自分に合うの??<<




風俗のサービス内容




ソープランドはマットプレイと本番がウリです。




本番があるからこそ、他の風俗よりも高給とされています。




それぞれ高級、大衆店、格安店とランクがありますので、それぞれランクごとに比べて、という意味です。




たとえば、高級ソープvs高級ヘルスソープ大衆店vsヘルス大衆店といったように。




じゃ、他の風俗はどんなサービスをしているのか、と言いますと。




たとえば、有名どころで箱ヘル、デリヘルと呼ばれるファッションヘルスは、本番以外の行為で男性の射精を導きます。




キス、全身リップ(全身なめ)、フェラチオ、手コキ(男性器を手でしごく)、素股などで射精をゴールとするのがファッションヘルスです。




一連の流れを毎回するのは結構大変だし、ヘルスなのに本番行為を求められることもしばしば。




本番は禁止されてます」と断るのも面倒、とソープランド勤務に変更する女性キャストも多いようです。




ヘルスで本番要求は当たり前?




ファッションヘルス系は、禁止されているものの本番を要求してくる男性客は多いです。




中には禁止されていることを知らない男性もいますが、知っていて要求する男性も。




断るときは、すげなく「禁止されてるので」と言うよりは。




「もう、本番したら、会えなくなっちゃうよ。また会いたいのにな」という感じで、次回につなげるような断り方をオススメします。




他の断り方を知りたい方は、こちらもどうぞ。




>>デリヘルは本番OK?稼ぎたいなら知っておきたいリスクと守り<<




ほとんどの男性客は、やんわり断るだけであきらめてくれますので、ご安心くださいね。




女性キャストが転職を考えるとき








ファッションヘルス系のサービス、全身リップ(全身なめ)、フェラチオ、手コキ(男性器を手でしごく)、素股…。




を一日何回もと思うと、「本番した方が楽なんじゃ」という思いが女性キャストであるあなたの心をよぎることもあるのではないでしょうか。




「この行為、全部すっ飛ばして、挿入して射精してもらえたら、自分の体の負担も少ないかな。




男性客も本番を求めて来ているのでしょ」と。




誤解のないようにお伝えしておきますが、本番を求めず純粋にマットプレイやファッションヘルス系のサービスが好きで来店されるお客さまもいます。




男性客全員が本番したいワケではないのです。




話をもとに戻しますが、ファッションヘルス系で本番させると、女性キャストであるあなたもクビになるし、お店も摘発されてしまうかもしれない。




「どうせ、本番するなら、合法とされている
ソープランドで働こうかな」と思う女性キャストも多いようです。




それならば、実際のところ、女性キャストの体の負担はどうなのでしょうか。




体の負担は、どうなの?








エッチは筋トレ?




ソープランドは本番必須、本番できて当たり前




一日何度も性交することは本当に楽なのでしょうか。




女性キャストに本当のところを聞いてみると、ソープランドは本番があると男性客もわかっているので、まぐろ状態。




エッチのときは「疲れるから」と、あまり動かず騎乗位を求める男性客はほとんど。




もしくは、バテてしまい途中から下になるという男性客も多いです。




つまり、女性キャストは自分で一生懸命動き続け、お客さまが達するまで、ひたすら一人当たり10分から15分は、スクワット状態。




一日何人も相手するとなると、15分×人数分スクワット




体力がある女性キャストならば、まだしも、体力のない女性キャストは翌日、動けなくなるほどだとか。




力加減は?




このように、ソープランドでは、男性客がまぐろ状態の場合もあれば。




逆に、子宮が破裂した女性キャストもいるのだとか。




子宮破裂は極端な例ですが、AVを観て「力任せにガンガン奥をつかれると、女性は気持ち良い。




少し乱暴な方が喜ぶ」と勘違いしている男性客も多いようです。




女性は男性よりも皮膚がうすいので、男性が普通にさわっているつもりでも、痛いと感じる女性キャストもいますし。




女性は全身が性感帯といってもおかしくないため、優しくそっと体をさわられるだけで気持ちよいもの。




それこそ、腕だってソフトにさわられるだけで感じるのです。




男性客に優しくしてもらうコツ




男性客に優しく接してもらうには、最初が肝心




対面してから男性客の気持ちをほぐすためにも、少しおしゃべりするときに「優しそうな人でよかった」と笑顔で伝えるのです。




この一言があるだけで、優しく接してもらえる確率がグンとあがります。




ぜひ、お伝えして優しくしてもらいましょう。




まとめ








ソープランドは一度あたりの報酬が他の風俗に比べると高いので、高給と言われています。




「いろいろな技を駆使するよりも、すぐにエッチできるから、ソープは楽なんでしょ」




と思うかもしれませんが、実際は翌日動けなくなる女性キャストもいるほど本番は、ずっと筋トレ状態。




勘違いした力任せの男性客も多いため、体の負担は相当だと感じる女性キャストも。




そのような中でもソフトにさわられたり、優しく接してもらえたりするだけで、女性キャストであるあなたの負担は減ります




男性客に優しく接してもらうためにも、最初のおしゃべりで「優しそうな人で良かった。安心した」と伝えてみませんか。