即尺は稼ぐためのもの? 即尺のあるなしで左右されない性病のリスク


「即尺は、稼げると聞きましたが、そもそも即尺って、なんですか?」




風俗業界には、あまたの風俗用語が存在しています。




その中の一つが即尺




「即尺で性病のリスクは増えるのですか?」




気になる疑問におこたえしていきたいと思います。




即尺とはそのままのイメージ








即尺の即は、すぐ、というそのままの意味。




尺は、尺八のイメージで、フェラチオのこと。




つまり、即尺とは、すぐフェラチオをする、ということです。




出会ってすぐ、シャワーも浴びずに、いきなりパンツをさげて行為におよびます。




あえて即尺という意味は?




デリバリーヘルス、デリヘルでは、当然ともいえる尺




ならば、なぜ、即尺というのでしょうか。




デリヘルでは、プレイ前にお互いがシャワーを浴びることが義務づけられていて。




その後、イソジンなどで消毒するところもあります。




即尺は、それに反する行為ですので、オプション、別料金となるところが多いのです。




デリヘルで即尺が広まったワケ








即尺ももともとは、高級ソープ店にだけあった行為でした。




高級ソープでは、120分の中で2回本番行為をしなければならず、賢者タイムを必要とする男性のことを思うと、全然時間が足りない




時短のために、即尺が行われていたのです。




その後、他のお店などとの差別化をはかるため、大衆店や格安店でも即尺をとりいれるデリヘルが増えました。




気になる衛生面




高級ソープに来る男性客は、富裕層のため清潔




なので、女性キャスト側でも即尺のハードルは低かったのです。




大衆店でも、それなりに慣れている男性客は、お店に来る前にシャワーを浴びてきてくれます。




デリヘルでは、即尺はオプションなところが多く、事前に依頼する必要があるので、そういう事情もあり、シャワーを浴びてくる男性も多いのです。




この現代社会では、そうそう不潔な男性は多くないと言えるでしょう。




性病に対するリスクは?








即尺で気になるのは、性病のリスク




高級ソープでは、毎月の性病検査などが義務、きちんと管理されていたので、即尺が許されていたこともあります。




では、大衆店や格安店にまで即尺が広まった現在の性病のリスクは、どのような感じなのでしょうか。




お互いシャワーを浴びてから、イソジン消毒が義務なお店で働いていても、数ヶ月で性病になったり。




即尺のお店勤務でも何年も性病にならなかったりするケースもあります。




実際のところ、シャワー消毒では、あまりリスクは変わりません




即尺でかかる可能性のある性病は?




即尺でかかる可能性のある性病は、淋菌感染症(淋病)、梅毒、性器ヘルペスなどです。




淋菌感染症(淋病)とは、淋菌という菌に感染することでうつる病気のこと。




菌自体は弱いのですが、性器以外に口や喉にも感染するおそれがあるので、性器を口に入れだけで感染する可能性ありです。




梅毒は、『梅毒トレポネーマ』という病原菌により、感染する病気。




梅毒は、性器や喉といった粘膜の接触で感染するため、即尺での感染も十分に考えられます。




性器ヘルペスは、普通のヘルペスとは全く違ったもので、主にオーラルセックスにより感染するようです。




そして、上記にも書きましたが、シャワーやイソジン消毒で菌がなくなることがないのが事実のため、リスクは変わらないのです。




男性が即尺したがる理由








恋人感覚を味わえるため




男性が即尺したがる理由の一つに、恋人気分を味わいたい、というものがあります。




恋人同士だと、シャワーを浴びずに、その場の雰囲気で行為におよぶこともあるはず。




シャワーを浴びず、いきなり始まると、風俗ということを忘れ、恋人気分を味わえるから、という男性も多いのです。




征服欲が満たされるから




ホテルの部屋など、いきなり玄関で仁王立ちの状態でパンツや下着をおろし、始まる即尺。




ひざまずいた状態で即尺する相手の女性キャストを見下ろすことで満たされる征服欲




男性にとっては、たまらないものなのです。




女性キャストが即尺を避ける方法








清潔な男性が増えているとはいえ、不潔な状態の男性がいるのも事実。




女性キャスト自身、やっぱり私は即尺は抵抗あるな、と思うなら、即尺をウリにしているお店を避けたり。




即尺がオプションのお店の場合は、断るという道もあります。




それでも、即尺をしなければならない状況になったら、「私、汗かいたから、シャワー浴びたくなっちゃった」などと言い。




「一緒にシャワー浴びない?」と男性客を誘うとカドも立たず、スムースにシャワーを浴びることができます。




もし、シャワーを断られた場合は、女性キャストであるあなただけでも浴びましょう。




決して、男性側のせいにしないことが大切です。




その後、相手の男性器を除菌ティッシュなどでふいてから行為におよんでも、全く問題ありません。




たとえ、即尺がウリで稼げたとしても、不潔なものは不潔




嫌なものは嫌で良いのです。




人と人との間で行われる行為、いわばコミュニケーション。




相手に気持ちよく帰ってもらえば良いだけのことなので、即尺以外のサービスで満足してもらえば良いでしょう。




稼ぎたいのなら、即尺以外の方法で稼ぐ方法は他にもあります。




まとめ








即尺は、多くの男性の欲を満たすもの。




男性が憧れるものと言って良いでしょう。




まだまだ別料金、オプションのお店も多い即尺。




それにより、女性キャストの稼ぎが増えるということもあるでしょう。




だからといって、無理することはなく選ぶのは女性キャスト自身なのです。




お互い楽しく、行為におよべたら、なお良いですね。




まずは、普段から清潔を心がけるなど、マナーを守ることから始めてみませんか。