店外デートの落とし穴? 避けるべき理由とリピートへの繋げ方


あなたは「店外デート」という言葉を聞いたことがありますか。




店外デートというのは風俗言葉で、そのままお店の外でデートする、という意味ですが、もう少し深い意味があります。




しかも、実は店外デートは、ほとんどのお店で禁止です。




「店外デートが禁止されている理由って?」




「店外デートに誘われたら、どうすればいいの?」




今回は、店外デートについて考えていきましょう。




店外デートって?








店外デートは、お店を通さずに女性キャストがお客さまと会うこと。




女性キャストとお客さまの間だけで、お金のやり取りが行われます。




女性キャストはお客さんが支払ったお金の全額、100%もらえますし。




お客さまは時間を気にせず女の子とデートできるというものです。




たまには時間をきっちり決める女性キャストもいますが。




ソープランドのお店の女性キャストじゃなくても金額次第では、本番(セックス)までしてしまう女性も。




店外デートは禁止




店外デートは、ほとんどの風俗のお店で禁止されています。




お店を通さず、女性キャストがお客さまから直にお金をもらう行為なので、禁止されているのは当たり前なのですが。




ルールを破ったら女性キャストやお客さまへの罰則、罰金があるところもあります。




女性キャストはプラス失業する可能性も。




風俗のお店、とくにデリバリーヘルス、デリヘル店はお店同士横で繋がっていますから、店外デートでクビになった女性キャストは他のお店でもお断り




一度でも店外デートした女性キャストは「またやるだろう」と思われてしまうからです。




店外デートに誘われやすい




お客さまから店外デートに誘われやすい風俗の種類もあります。




たとえば、デリバリーヘルス、デリヘルなどでは、ホテルなどで女性キャストとお客さまが二人っきりでプレイ、遊んでいるので。




店外デートとあまり変わらない感覚で、お客さまから誘われやすいといえるでしょう。




逆にソープランドは、お店で最後まで、本番(セックス)できるので、お客さまから店外デートに誘われることもあまりないようです。




店外デートのメリット








店外デートのメリット




女性キャストにとって、店外デートの
メリットは、お客さまからもらえる金額が100%全額もらえるということ。




女性キャストにとっては、お店を通さないので、サービスを手抜きできること。




店外デートのデメリット




お店を通さないので、お客さまとの間でトラブルが発生した場合、女性キャストは一人で対応しなければなりません。




たとえば、待ち合わせ場所に行ったら、たくさんの男性がいて逃げられない、ということも考えられるワケです。




他にも、約束していた金額と支払われた金額が違う場合でも、自分一人で交渉したり。




帰りたいのに、なかなか帰してもらえなかったりということも。




お店では優しく紳士的だったのに、店外デートになった途端、横柄になり女性を雑に扱う男性もいると聞きます。




思いつく限りのトラブルを自分一人で対応しなければならないのが、店外デートです。




お金をもらってセックスすれば、立派な売春行為なので、犯罪だということも覚えておいてくださいね。




店外デートはバレる




店外デートは結構バレます。




お客さまは基本的に、お気に入りの同じお店で遊ぶので、他の女性キャストに店外デートしたことをしゃべってしまいます。




それと、店外デートを目撃されることもあります。




風俗で働いている女性キャストはエッチが好きというよりは、ほとんどの場合、稼ぎたいからだと思います。




店外デートでクビになれば、他のお店でも雇ってもらうことも難しくなるので、店外デートは、かなりリスクが高い行為といえるのではないのでしょうか。




良客と呼ばれるお客さまも店外デートに誘ったりしません。




稼ぎたいなら、良客にリピートしてもらう方が近道とも言えます。




店外デートに行きたくなるケース








女性キャストが店外デートに行きたくなるケースは、大きく2つ。




情がわいてしまったから、お金がほしかったから。




情がわいてしまったから




女性キャストのほとんどは、お金を稼ぎたくて風俗で働いています。




なので、お客さまをお金としてしか見ていないと考えられがちですが、何度も通ってもらううちに情がわいてしまう場合もあります。




無理な要求もせず紳士的、長めの時間コースの時間内で遊んでくれ、何度もリピートしてくれるお客さまは良客です。




信頼関係ができているお客さまに店外デートを誘われたら、思わずうなずいてしまうかも。




お金がほしかったから




毎回、ロング料金で指名してくれる良客に「同じ料金なら、全額君に払いたいよ」と言われたら、ついつい店外デートも良いかな、と思ってしまうかもしれません。




店外デートしたら、二度とお店に来なくなるお客さまもいます。




そもそも店外デートは禁止ですが、クビになるなどリスクの高い一度の店外デートと、今後も何度もリピートしてくれる可能性、冷静にどちらが良いかを考えてみましょう。




店外デートの断り方








フリーなど初めてに近いお客さま、何度かリピートしてくれているお客さま、定期的に通ってくれる長い付き合いのお客さま。




さまざまなお客さまがいるので、店外デートの断り方もいろいろと考えられるかもしれませんが、基本的には、次のリピートに繋がる断り方がベスト。




店外デートは、お店で禁止されていること。




店外デートがバレてクビになると、風俗では働けなくなることを伝えてみましょう。




褒美をもらうより、罰を受けることを避けたいという人の方が多いので。




店外デートをすると、お客さま自身も罰金を支払うなど、お客さまも罰を受けることも伝えるのもありです。




また会いたいから、お店にきてくれるかな」など、最後は次のリピートに繋がる言葉で終わるようにします。




ウソなどを言って言葉を重ねるよりは、シンプルに。




ルール違反をすると、お互い罰を受けることになるし、もう会えなくなってしまう。




伝えることで納得してくれるお客さまは次回のリピートに繋がりますし。




もし、ごねるお客さまであれば、良客とは言えないので、きちんとお断りし、お店のスタッフに任せたり、出入り禁止にしてもらったりするなど、お店に守ってもらいましょう。




まとめ








店外デートは、ほとんどの風俗のお店で禁止です。




店外デートをしてクビになると、他のお店でも働けなくなります。




女性キャストも仕事とはいえ人間なので、情にほだされそうになったり、うまい言葉に乗せられそうになったりすることもあるでしょう。




迷いそうになった時は、とにかく自分が風俗で働いている目的を思い出すように心がけると、冷静な判断ができるのではないでしょうか。




やみくもに断るのも良いとは言えません。




どうすれば、次回のリピートに繋がる断り方ができるか考えてみませんか。