ソープは童貞のかけこみ寺? 女性キャストが必要なモノは何?


ソープランド、ソープは風俗で唯一本番ができる場所。




本番、つまり性交、セックスができるお店です。




本気で脱童貞したいと、ソープにくる男性も。




脱童貞したいときの男性心理とは?




そして、いざ、童貞を相手にするとき女性キャストには、何が必要なのでしょうか。




脱童貞したい男性は、どんな人?








風俗にくる男性客は、いろいろいますが、世の中の人口比率と同じ。




一定の割合で童貞の方もお店にきます。




風俗、ソープランドにくる童貞の男性は、たいてい30代前半




20代までは、なんとか恋愛してセックスして脱童貞できると信じていても。




30歳を過ぎたあたりから「まだ童貞だけど」と、いよいよ焦りだし。




本気で「脱童貞したい」と、ソープにくるのです。




童貞に選ばれる女性キャスト








童貞に選ばれる女性キャストは、ある程度傾向が決まっています。




優しそう、お姉さんタイプ、攻め派、テクニック抜群。




ここでわかるように、童貞の男性客が期待しているのは、優しくしてもらえること。




ある程度リードしてもらえる、ということ。




童貞じゃなくても、女性経験が少ない男性も同じことが言えます。




本番前にできること








ソープランド以外の風俗にくる童貞や女性経験の少ない男性客相手に必要なことは、下記の記事で詳しく書いていますので、どうぞ。




>>デリヘルに童貞? 本番できないデリヘルを童貞が利用するワケ<<




ソープランドでは実際に本番するので、今回は
本番で必要になってくる内容を詳しくみていきましょう。




とにかくリラックス




童貞客は、そもそも女性の裸を直接見たことない方もいますし、初めての経験に緊張しています。




お色気ムンムンな女性、激しいプレイなどは求めていません。




女性と話すこと、イチャイチャするだけでも十分楽しいと感じる方も多く。




お互い楽しんでいる延長上でセックスできれば、良い思い出にもなります。




シャワー浴びようか」など笑顔で声をかけ安心してもらい。




移動する際は手をつなぎ、こまめにコミュニケーション、リラックスしてもらうようにしましょう。




本番での対応方法








勃起しない




理由はさまざまですが、ふだんオナニー(自慰行為)していても、いざとなると勃起しない男性客もいます。




多くの理由としては、緊張しすぎているから。




そして、「ふだんはすぐに勃起するのになぜ?」と、どんどん焦ってしまい、さらに気持ちが真逆の方向へいってしまうのです。




とにかくリラックスしてもらいましょう。




女性キャストが焦ると、その気持ちが男性客に伝わり、より一層委縮させてしまうことも。




楽しくおしゃべりしながらスキンシップ、イチャイチャしていると、リラックスできるのか、勃つ場合が。




焦らず、ゆったりした心で楽しんでもらうことが大事です。




すぐ終了、早漏




いざ、男性器を
挿入した
と思ったら、すぐに射精してしまう方もいます。




理由は緊張しすぎ、慣れていない、我慢できなかったなど、いろいろ考えられますが。




大事なのは、お客さまが恥ずかしくて落ち込んだり、自信をなくしたり、を防ぐこと。




お客さんだけじゃないですよ」「こういうことって多いんです」など優しく伝えましょう。




自分だけじゃないと思えば、安心できるものです。




楽しんでもらえたら嬉しいな」と、とにかく楽しくイチャイチャ。




勃起しないお客さまと同じように、スキンシップしているうちに賢者タイムが終了、再び元気になる男性も多いので。




「もう元気になったんだ、すごいね」と復活戦へ。




なかなかいかない、遅漏




すぐにいってしまう場合とは、逆で、なかなか射精できないお客さまも。




この場合考えられるのが。




緊張しすぎ、サービスが単調すぎる、オナニーする頻度が多い(オナニーがハードすぎて感覚が鈍る)などです。




緊張しすぎているなら、リラックスしてもらえば良いでしょうし。




サービスが単調と感じている場合やオナニーの頻度が多い男性客の場合は、違う体位など、いくつか試してみるのも良いでしょう。




とにかく、童貞の男性や女性に慣れていない男性は、気持ちが大事。




作業、お仕事のようなサービスは求めていないのです。




良い思い出となるよう、お互い楽しかった、という経験をしてもらうのが大切なので。




優しさ、思いやり、という目に見えないものが必要となってきます。




優しさや思いやり、と言われても、と思うのであれば、笑顔




笑顔は相手に安心感を与えるので、まずは、笑顔を意識するだけでも良いでしょう。




男性への言葉








男性へのほめ言葉




男性と女性はいろいろ違いますが、それぞれ
心に響く言葉も違います。




男性への褒め言葉「さしすせそ」をご存じですか。




さすが、知らなかった、すごい、センス良いですね、そうなんですか、の5つです。




それぞれ感情をこめて。




さっすがー、知らなかったぁ、すごーい、センス良いですね♪、そうなんですかぁ、という感じで言ってみましょう。




男性はプライドをくすぐる言葉が好きなので「さすが」「すごい」「センス良いですね」。




そして、教えることも得意なので「知らなかったぁ」「そうなんですかぁ」




(そんなこと知ってるなんて、すごい)と言われると、たまらないのです。




男性は「初めて」も喜びますので、「こんな経験、初めて♪」などもオススメ。




ほめ言葉をどんどん使って、童貞のお客さまに
気持ちよく帰っていただきましょう。




男性のやる気を奪う言葉




ほめ言葉とは逆に、男性のやる気を失わせてしまう「たちつてと」。




たいしたことないね、違うんじゃない?、つまんないね、てきとうで良いんじゃない?、とんでもない、の5つです




男性は、女性を喜ばせたいと思っていますので、真逆の言葉を言われると、プライドも傷つき、へこみます。




せっかく男性から「可愛いね」とほめられても「とんでもない」と否定していませんか。




その言葉、男性を傷つけているかも、です。




男性にほめられたら、笑顔で一言「ありがとう」。




言われた男性は、その日一日幸せな気持ちで過ごせることでしょう。




ちなみに、「ありがとう」も男性が喜ぶ言葉の一つなので、効果は絶大。




男性は生まれた時から陽の気、基本的にポジティブなので、ネガティブな言葉はできれば使いたくないし、相手にも使ってほしくないのです。




童貞のお客さまには、もちろん「たちつてと」も使わないようにですが。




いつも以上に気をつけて前向きな言葉を使うようにしましょう。




まとめ








ソープランドにくる童貞の男性客は、本気で脱童貞したいと思っている場合が多く。




女性に慣れていないため、かなり緊張されていることも。




リラックスしてもらうことが必要とお伝えしてきました。




距離も近くスキンシップしていると、女性キャストの想いも伝わります。




笑顔で接すれば、安心してもらえ、優しさや思いやりを持って接すれば、楽しく喜んでもらえるのです。




そして、言葉一つでも相手の気持ちは変わるもの。




まずは、男性の喜ぶ「さしすせそ」を使ってみませんか。