ヘルスとソープの違いは? 働くならどっちが自分に合うの??

01_hs

あなたは、風俗のお店にいくつか種類があるのをご存じですか?

一口に風俗と言っても、サービス内容も様々。

望まれていることも違うのです。

「もしかして、稼げる額も違うの?」

提供するサービス内容によって稼げる額も違いますし、そもそもその内容は働き手である自分に合っているのか。

同じサービス内容でも、お店ごとに客層も違うので、自分に合うのかどうか相性などもあります。

では、どのような違いがあるのでしょうか。

早速、見ていきましょう。

風俗には、どんなお店があるの?

02_hs
風俗のお店は、いくつかありますが、ファッションヘルス、ソープランド(ソープ)、と大きく2つに分けられ。

ファッションヘルスも店舗型のヘルス(箱ヘルス)、ホテルや相手の自宅などに女性のキャストが訪問するデリバリーヘルス(デリヘル)などがあります。

現在は、法律によって店舗型の風俗を作ることが禁止されているため、昔からあるソープや箱ヘルスをのぞいて、新しく開業したい場合、デリヘル型が主流です。

そのため、働くとしたら、デリヘルとソープがメインとなります。

デリヘルとソープのサービス内容の違いって?

03_hs

デリヘルとソープの大きな違い1

デリヘルとソープの大きな違いは、2つあります。

デリヘルもソープも目指すゴールは、男性の射精ですが、最初の1つ目の違いは、本番のあるなし、です。

本番とは、性交渉、男性器の挿入のこと。

本番があるのがソープで、本番がないのがデリヘルです。

そもそも法律で不特定との相手との性交渉は禁止されています。

つまり、法律では本番は認められていないのです。

本番が禁止されている内容を詳しく知りたい場合は、こちらの記事をどうぞ。

>>デリヘルは本番OK?稼ぎたいなら知っておきたいリスクと守り<<

では、なぜ、ソープは本番ができるのでしょうか?

ソープランドは風俗ではない?

ソープは、お風呂屋さんです。

そのため、お風呂の中での行為は、男性であるお客さんと女性のキャストの恋愛行為とされ。

お風呂の中でのことは、本人たちの自由となり、本番が黙認されています。

ソープの料金は、最初支払うのはあくまでも入浴料で、男性であるお客さんが女性のキャストと会ったときに、別料金を支払うというお店がほとんどです。

デリヘルは風俗ですので、本番は禁止。

デリヘルで本番したことがバレると、場合によっては摘発され、お店の継続は難しいでしょう。

デリヘルとソープの大きな違い2

デリヘルとソープのもう一つの大きな違いは、マットプレイのある、なしです。

ソープは、マットプレイがほぼあります。

デリヘルはホテルや相手の自宅に行くスタイルですので、基本的に、マットプレイは、ほぼないと言えるでしょう。

ちなみに、お店によっては、箱ヘルスでもマットプレイがあるところもありますが、ソープとくらべると少ないです。

マットプレイは、きちんと事前研修があるので安心ですし。

お客さんによっては、本番よりもマットプレイが好きで、マットプレイ目当てという場合も。

デリヘルとソープどっちが稼げるの?

04_hs

デリヘルとソープの料金

デリヘルとソープもそれぞれ、高級店、中級店、大衆店、格安店とがあり、料金も異なりますが、今回は大衆店を例にとってみてきましょう。

たとえば、お客さんの支払う料金ですが、デリヘルが60分あたり15,000円だとすると、ソープが60分あたり20,000円と料金はソープランドが高くなります。

そのため、女性キャストのお給料バックは、ソープの方が高め。

稼げる金額は、デリヘル < ソープです。

諸経費などひかれる雑費は?

デリヘルはソープのような実店舗がありませんので、ソープに比べ雑費など、お給料からひかれる金額が少なく、バックの割合としては、デリヘルの方が高かったりします。

雑費に関しては、ソープの方はお店によって様々な場合もありますが、店舗のないデリヘルの場合、ほぼどこのお店も一律10%です。

どうしても、店舗があると、お店のメンテナンスや内装維持などにお金がかかるので、ひかれる雑費がデリヘルよりも高くなります。

女性キャストのお給料、バックの割合は、デリヘル > ソープです。

効率的なのは、どっち?

店舗型であるヘルスはコンスタント、ひっきりなしにお客さんがくる感じです。

デリヘルは移動があるので、ソープにくらべると効率は下がるかもしれません

効率的なのは移動時間がなく、お客さんも途切れない デリヘル < ソープと言えるでしょう。

サービス提供(プレイ)時間が長いのは?

プレイ時間は、デリヘルもソープもさほど違いはありません。

ほぼ同じ デリヘル ≒ ソープと言っても良いでしょう。

しんどいのは、どっち?

しんどさは、どちらが上なのでしょうか?

サービス提供(プレイ)時間は、先程もほぼ変わらないとお伝えしました。

デリヘルは移動がありますので、移動時間が気晴らしになったり、休憩と感じたりする女性キャストも。

デリヘルは、時間よりも早く終わると、お客さんに「帰っても良い」と言われる場合がほとんどなので、時間まで休憩し、時間が来てからお店に連絡するという女性キャストも多く。

専属ドライバーが運転する車の中で、まったり過ごせるのもデリヘルの特徴です。

ソープは、一人あたりのプレイ時間が長いので、プレイ中に何回もお風呂に入ったりして、合間に休憩できると、とらえる女性キャストもいます。

しんどさは、サービス内容というよりは何に疲れを感じるかは個人差なので、デリヘル ≒ ソープと言えるかもしれません。

ただ、デリヘルの場合、常連さんがつくと、サービス提供前にショッピングなどデートを楽しみしてくれるお客さんも出てくるので、その時間もサービス提供時間となり加算され、稼ぐことができます。

営業時間は?

営業時間は、店舗型の風俗は朝6時から夜は12時、24時までと決められています。

つまり、店舗型であるソープは、朝6時から夜24時までの営業のところがほとんど。

その点、デリヘルは店舗をもたないので、24時過ぎ、朝方まで営業していたり、24時間営業していたりするお店が多いです。

営業時間は、デリヘル > ソープ

効率、営業時間など、いろいろ見てきましたが、本番に抵抗がないのであれば、総合的にみて稼げるのは、ソープと言えるでしょう。

別記事でも書いていますが、デリヘルにくるお客さんの半分は、本番を要求してくるので、そこは覚悟しておいた方が良いと言えます。

本番を要求してくるお客さんへの断り方を書いた記事は、こちらです。

>>デリヘルは本番OK?稼ぎたいなら知っておきたいリスクと守り<<

自分に合っているのは、どのお店?

05_hs
効率的に稼げるのも大事ですが、相性、自分に合っているのかどうかも、とても大切です。

どこをみれば、相性がわかるのでしょうか。

トーク力がいるのは、どっち?

トーク力があれば、ソープ向きと言えるでしょう。

なぜなら、楽しくおしゃべりしながら、何回もお風呂に入ったり、ドリンク休憩したり、とトークで場をもたせることができるからです。

トークに自信がないなら、サービスを提供することに徹し、終わったら終了予定時間前でも帰って良いと言われる場合があるデリヘル向き。

ただ、デリヘルの場合でも、トーク力があれば、事前のショッピングなど、デートを楽しみにしてくれる常連さんも増えます。

トークすることで休憩時間を増やしたり、トークしないことで休憩時間を増やしたりすることもできるので、どちらが自分に合っているのか見極めましょう。

トーク力は、デリヘル < ソープ

素人から始めるとしたら?

本番があることに割り切ることができれば、女性キャストが最終的にいきつくのは、稼げるソープ。

つまり、ソープはベテラン、プロがいると期待してくるお客さんが多く。

逆に初々しさが好きで、素人感を求めるお客さんは、デリヘルに来ることが多いです。

マットプレイも事前研修があるとはいえ、風俗を始めるなら、ハードルが低さはデリヘルと言えるでしょう。

技術力は、デリヘル < ソープ

知人に知られたくない

風俗で働いていて気になるといえば、知人に知られたくない、ということ。

それなら、店舗数が圧倒的に多いデリヘルが有利。

出稼ぎという言葉がある通り、デリヘルは全国各地で働くことができます。

顔バレしにくいのは、デリヘル > ソープと、デリヘルの方がバレにくいです。

客層が良いのは?

どれだけお給料が良くても、嫌なお客さんがいたり、それが続いたりすると、テンションも下がり、働く気も失せます。

客層は、お店を選ぶ基準として、とても大事。

やはり料金が高い分、富裕層がくるソープの方が紳士的、客層が良いので、デリヘル < ソープと言えます。

場所によっても客層は異なるので、そこは慎重にいきたいところ。

デリヘルのお店選びに困ったら、LINE無料相談をしていますので、お気軽にご連絡いただけますか。

どのお店でも通用するお客さんから選ばれるポイント

06_hs
自分に合うお店の選び方がわかったところで、どのお店で働くにしても、常連さんができるのは、体の負担が減ったり、稼げたりするもの。

では、どうしたら、常連さんが増えるのでしょうか。

聞き上手になりましょう

トーク力に似ていると思うかもしれませんが、自分が話すことが苦手でも、聞き上手になることはできます。

人は自分に興味を持ってもらいたいし、自分を理解してもらいたいもの。

「どんなサービスが好きですか?」という質問も良いですが。

お客さんが、ふだん何を大切にし、何に悩んでいるか、など何気ない会話をはさんでいけると、他の女性キャストとの違いとなり。

相手が言っていたことを覚えていて「〇〇さんってこうでしたね?」と確認してあげるのも喜ばれます。

相手に質問すると、喋るのは相手なので、自分にトーク力がなくても、すぐに始められるのです。

過剰に喜ぶ

ほとんどの人は相手の役に立ちたいと思っていますし。

とくに男性は、女性をよろこばせたいと思っています。

なので、お客さんに「こうしてほしいな」と甘えるもの良いですし。

「〇〇してくれて、とっても嬉しい♪」と満面の笑顔オーバーリアクションで明確に喜びを伝えるのも、他の女性キャストとの違いになります。

相手の良い部分を見つける

相手が何をしなくても「声が好き」「髪の毛がサラサラですね」など、相手の良い部分を見つけるのも喜ばれます。

他の女性キャストとの違いは、選ばれるポイント。

ちょっとしたことなのですが、できている人は少ないので、常連さん獲得のチャンスです。

まとめ


07_hs
今までくらべてきたのをまとめると。

稼ぎやすさ デリヘル < ソープ

サービス提供(プレイ)時間の長さ デリヘル ≒ ソープ

しんどさ デリヘル ≒ ソープ

営業時間の長さ デリヘル > ソープ

トーク力 デリヘル < ソープ

技術力 デリヘル < ソープ

顔バレしやすさ デリヘル < ソープ

客層の良さ デリヘル < ソープ

そして、デリヘルとソープの大きな違いは、本番のあるなし、マットプレイのあるなしの2つでした。

風俗のお店は、女性キャストが命と言っても過言ではありません。

そのため、女性キャストにとても優しく、丁寧、親切に接してくれるお店がほとんどです。

そうなってくると気になるのは、客層であったり、知人にバレたりすること。

お店選びに迷ったときは、いつでもご相談くださいね。

そして、マットプレイなど技術を求めるお客さんもいれば、性欲を満たしたいだけ、イチャイチャしたり、女性の体や心の柔らかさにふれたりして、癒されたいお客さんもいます。

それを見極めて、それぞれに合った対応をすることが他の女性キャストとの違いとなり、常連さんになってくれることも。

自分をないがしろにして、体を酷使したり、ストレスをためたりして、体調を崩したりしたら、元も子もありません。

自分を大切にし、自分の特性を見極め、自分と合うお店と出会うことが、稼ぐことへの近道のことも。

女性は人に相談する、話すことで頭が整理できることも多いので、迷ったときは、まずはLINE無料相談してみませんか?