AVプロダクションの面接を受かるためのポイントはありますか?

AVプロダクションの面接を受かるためのポイントはありますか?

プロダクションの面接を受かるためにはどんなことが必要ですか?

という質問をとてもよくいただきますが、これに対しての答えは一つだけ、

「誰でも受かります!笑」


面接っていうと合否があるイメージなので、勘違いするのも無理ないのですが、

プロダクションの面接というのはある意味女の子のプロフィールを聞き出して、どんな仕事ができそうかを確認する場であって、落とされたりすることはまずありません。

なので、だれでもプロダクションに所属することはできます。


でもこの後が重要で、AV女優としてお仕事があるかどうかは別問題です!

「??? どういうこと ???」

と思った人は、AV女優として活躍していくために、業界の仕組みをしっかりこの記事で学んでいってください!

AVプロダクション面接は誰でも受かります!だけども、、、

プロダクション面接は誰でも受かります!だけども、、、

プロダクションに所属は誰でもできます。

でもAV女優としてお仕事をもらって作品に出演できるかは別問題というのはどういうことでしょうか?

それはAVがどのようにして作られて、販売されているかを理解すれば、その理由がわかると思います

実際に作品が出来上がるまでについて詳しく知りたい方はこちらを見てください
 → AV女優が実際にデビューするまでの流れをしっかり説明するよ!


簡単に言えば、
 
プロダクション: 所属女優のマネージメントをするところ
メーカー: AVを実際に撮影するところ 
なので、実際にお仕事が入るかどうかは、メーカーからお仕事を貰えるかどうかで決まってきます

なので、あなたがAV女優として、たくさんのお仕事を貰えるかどうかは、メーカーに営業をかけるプロダクション。もっと細かくいうと、あなたの担当マネージャーの営業力にかかっています。

 参考記事
 → 〇〇に注目すれば3倍差がつく!AVプロダクション選びの秘訣


なので、プロダクションの面接ではあなたがプロダクションに審査される訳ではなく、あなたがプロダクションをしっかりと審査して、自分をしっかり売り出してくれるかどうかを判断する場となります。

この事実を意外と知らない女の子が多く、最初に行ったプロダクションの言われるがままにAV女優としての活動をスタートしてしまい、大きな損をしてしまっている子がとても多くいますので、あなたはどうか後悔ないよう、しっかり面接の時にそのプロダクションを面接してくださいね

まとめ:プロダクション面接は落ちることはないので、ご心配なく!


という訳で、まとめると
 
・プロダクション面接はほぼ落ちることはない!
・それよりもプロダクションをこちらがしっかり面接しよう! 
AV女優としてお仕事を増やして有名になるためには、プロダクション面接よりも、メーカーへの挨拶回りの方が重要で、そちらには少しテクニックなどもあるので、また後日まとめさせて頂きますね^^

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございます